永続性がカップルの関わりの主要な要素

離婚や別離は日常茶飯事とはいえ、永続性がカップルの関わりの主要な要素であり、社会の基準でもあるということは、結婚や婚約が終わりを告げることが、友情が壊れるよりもずっと困難な出来事だということをあらわしています。

カップルには友人よりも親密な仲間意識と情熱、そして関わり合いが必要です。この三つの要素をひとつの関係の中に上手にミックスさせることは、不可能な夢ではありません。多くのカップルが喜んでこれを実現させ、非常に貴重なパートナーとの関係を維持しているのです。

とはいえ、その逆に、結婚していてもカップルとは名ばかりの人々も多く存在しています。彼らは、かって共有していたはずの情熱や親密性などとっくに失ってしまっているけれど、子供のためや別離という不名誉を避けるために、関係だけを保っているわけです。

もしあなた方が、出会ったほとんどのカップルがそうであるように両極端なこの二つの例の間のどこかに落ち着き、かつては何よりも大切だった関係がそれほどのものではなくなってしまったり、はじめからふたりの関係がそれほど特別でもなく、相互依存性を持つものでもなかったとしても、もちろんあなた方はそれでもカップルです。

古典的なカップルの条件はそれほど満たしていないとはいえ、自分自身とパートナーの幸せにあなたが貢献できるかもしれない秘められた可能性を探り、関係そのものを探るという意味で、あなたはこの関係を有益だと感じるかもしれないのです。

参考: