カップルの理想概念

一般社会では、両親や兄弟姉妹、祖父母や義理の家族たち、私たちにとって重要なその他の人々は、その関係性がどうあるべきで、どこに向かって行くべきなのかについて強い意見を持っており、私たちの大半は彼らから多大な影響を受けているのです。

排他性と深い関わり合いに加え、カップルの理想概念には相互依存が含まれます。先に述べたように、どんな親密性にもこれは欠かすことのできないものですが、互いの影響力と相手への配慮から、カップルは一般的にほかの関係よりも多くのことを一緒に決定し、活動し、長期的な計画を立て、それぞれの人生に起こることを細かく知っている必要があると考えられています。

また、カップルにはより高レベルの感情表現が望まれています。恋人たちは、友人同士がそうするよりも、ずっと多くの時間を自意識と相互愛についての率直な表現に費やします。友人関係の場合、男性同士よりも女性同士の場合により多くの感情表現が見られますが、それでも普通はカップルの方がずっと多くの感情表現を行っているものです。

調査によると、出会い相手と一緒にいられることの喜びは、友人同士よりもカップルに強く見られる特徴です。関わり合いに誇りを持ち、カップルの基準に到達するためには、努力と犠牲が必要とされることもあります。したがって人々は、友人関係よりもカップルの関係の方が、信頼、理解、自発性においては、やや欠けていると受けとめているという調査結果が出ています。カップルの方が、どうやって関係を維持して行くべきかについての衝突や議論は頻繁に起こるため、安定性はより低いのです。

出典: